ttttttaro’s blog

経験した事

劇場型放送

エレクトロニックハラスメント犯は劇場型を好む

シナリオを組んで放送する事で脳に居座る定番パターン

長々と劇場を繰り広げる

全治の神は個人情報の宝庫

個人情報でシナリオを作る

 

神の声の洗脳で自分は本当は凄いと思わされるというパターン

全知の神は君は凄いと言いながら脳に居座る

褒める事で長々と脳に居座る

褒めるという誹謗中傷放送

 

被害者の証言の重要性

見えないシステムは不可聴音で成り立っている

頭蓋骨への声

ボイストゥスカル

マイクロ波と言われており、幻聴ではない

脳内送信内容は放送者や彼らストーカーグループと被害者だけが知っている

オペレーターの癖や特徴、放送担当時間帯、アンテナの位置や電波の流れてくる方向も被害者は知っている

 

「私は誰でしょう?」

「何処から聞こえる?」

彼らはそう言って被害者で遊ぶ

 

“君が言った事”と脳内送信してくる

“言った事”というのは思考盗聴で脳内から盗んだ思考

勿論口に出して言っていないが、その思考が“言った事”になる

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイストゥスカル

ボイストゥスカルは何十年も前に開発されているでしょう

被害内容を訴えると統合失調症だと思われるでしょう

実際その病気と酷似している

酷似している様に作られている

エレクトロニックハラスメント被害者の訴える被害が社会から信用されず統合失調症だと言われる事

社会が被害者を追い込むセカンドハラスメント

病気扱いにされた被害者はどれくらい居るか

薬を飲むと治るのか?

彼らが加害を終わらせると被害が終わる

薬では無い

加害があるか無いかです

神の声

ターゲットの個人情報で作り上げる個人情報劇場

 

もしも〇〇なら

君は〇〇するだろう

君は〇〇と思うだろう

〇〇が〇〇と言っている

〇〇が〇〇で〇〇は〇〇になる

 

彼らの妄想とマインドコントロール

 

〇〇が〇〇なので、君は〇〇するだろうと脳に撃たれ続けると、その様に思い、その通りの行動をとる

洗脳システム開発

 

あの事件

盗まれたと恨みを抱く

脳から盗む事は可能

恨みを抱かせる事は可能

神の声と共に

多くの無関係の人達を巻き込み多くの犠牲者を産む

 

 

 

 

 

 

音響システム

エレクトロニックハラスメントでは超音波が使われる

空間が超音波で充満する

超音波発生器は市販されている

何かの目的の為に超音波を“発生”させているのでしょう

 

彼らの間では音響システムと名付けられている

空間がブワ〜ンとなる

「無音で大音量」

ブワ〜ンとさせるそうです

 

彼らには機材とそれらを行うノウハウがある

 

 

 

 

 

 

 

音が違う場所から聞こえる

音の聞こえてくる方向は大事

エレクトロニックハラスメント環境では右方向に居る人の声が左方向から聞こえる

スピーカーから

 

物音で事故が推測出来る

右側?あれ?左?

聞こえた方向に行っても何も無い

別場所で起こっている

混乱する

対応が遅れる

大変危険

 

 

 

指向性スピーカー

集合住宅

壁と壁で区切られている

その壁際に指向性スピーカーを設置

ピーカチャという音

君のストーカーをしているよという意味らしい

トイレの流水音

君のストーカーをしているよという意味らしい

レーシングカーの走り去る音

君のストーカーをしているよという意味らしい

あ〜という声

君のストーカーをしているよという意味らしい

冷蔵庫磁場

君のストーカーをしているよという意味らしい

電気の消費が凄いので発電機を使用しているらしい

物凄いモーター音

君のストーカーの為発電しているよという意味でしょう